/

プーチン氏、北方領土への米兵器配備の可能性を懸念

【モスクワ=石川陽平】ロシアのプーチン大統領は19日の年次記者会見で、「これらの島(北方領土)に米国の攻撃兵器が配備されないという保証はない」と述べた。日米安全保障条約が、日ロ平和条約締結の障害になっているとの見方を改めて強調した。米国が日本の領土に中距離ミサイルを配備することで日本側と合意しつつあるとの情報が出ているとも指摘し、ロシアの脅威になっているとの懸念を示した。

日ロ間の懸案である平和条約締結問題については、解決策は「まだない」と述べた。北方領土の帰属を巡る問題が依然として平行線をたどっていることを示唆した。

ただ「過去に一度言ったように『引き分け』でなければならない」とも語った。日本の柔道用語の「引き分け」という言葉を使い、日ロ双方の社会に受け入れ可能な解決策を引き続き、日本側と探る考えを表明した。

モスクワで記者会見するプーチン大統領(19日)=ロイター

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン