NTT・三菱商事、AIで流通効率化 まず食品分野

2019/12/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTと三菱商事は、人工知能(AI)などデジタル技術を使った物流・小売業の効率化の支援に向け、包括提携する方針を固めた。両社がまず2020年度から食品流通を対象に、食材などの在庫や商品情報を業種を超えて管理できるようにする。素材分野などにも拡大する計画だ。こうした動きが広がれば国内産業の生産性の向上につながる可能性がある。

国内の物流費は約50兆円に達し、食品流通でも数兆円の規模があるとされる。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]