/

この記事は会員限定です

日ロ外相、平和条約協議加速を確認 プーチン氏は日米同盟懸念

[有料会員限定]

【モスクワ=加藤晶也】茂木敏充外相は19日、ロシアのラブロフ外相と会談し、北方領土問題を含む平和条約締結交渉を加速させると確認した。一方、プーチン大統領は同日の年次記者会見で北方領土を引き渡した場合に米軍が駐留する懸念に言及した。日本は経済協力をテコにロシアとの信頼醸成を目指す方針だが、日米同盟が交渉進展の壁になる。

茂木氏は会談後の共同記者発表で「解決策を見いだすべく協議項目を整理し、議論を重ね...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1582文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン