東京海上、ブラジルで大手銀行と新会社 400億円出資

2020/1/6 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京海上ホールディングス(HD)はブラジル大手のカイシャ銀行と組み、住宅向けの火災保険などを手掛ける新会社を設立する方針を固めた。東京海上の新会社への出資額は約400億円とみられる。日本で災害が多発するなか、成長が見込める新興国で事業基盤を築く。

東京海上が近く発表する。同社はカイシャ銀傘下の保険会社カイシャセグリダーデと合弁会社を設立する。住宅向けの火災保険と団体信用生命保険(団信)を組み合わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]