/

勝負飯をイメージした米菓 埼玉の米菓桃の家

商品に貼るシールも星さんがデザインした

米菓メーカーの米菓桃の家(埼玉県越谷市)は、越谷市出身の元競泳日本代表の星奈津美さんがプロデュースした新商品を発売した。星さんの勝負飯である「うな重」をイメージし、同社の人気商品、越谷ふありを「うなぎ味」に仕上げた。

市内の観光物産施設やスーパーなど約10店舗で販売する。甘めのタレとサンショウの辛みが特徴だ。価格は1袋378円。越谷ふありは餅米とうるち米をブレンドした鉄板焼きせんべい。星さんの大好物で、五輪会場にも持参していたという。

越谷市は市制60周年を迎えた2018年度から「こしがやの未来を創る魅力宣伝大使」の事業を始めている。星さんも大使の一人で、市の魅力を市内外に発信してもらう。新商品の開発も同事業の一環。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン