/

コマツ粟津工場、部品加工の自動化を加速 生産性1.5倍に

コマツ粟津工場(石川県小松市)は建設機械製造の自動化を加速する。2021年3月期に溶接や加工を省力化し、車体の骨組みとなる部品や、無限軌道の動きを円滑化する部品などの生産性を1.5倍に引き上げる。周辺に集積する協力企業にも効率化のノウハウを広げることで、建機全体の生産性を高めていく考えだ。

来期に省力化の対象となるのはブルドーザーなどの無限軌道の動きを円滑にする「ローラー」や、タイヤやエンジンなどを取り付ける骨組みの役割を果たす「トラックフレーム」の製造。溶接や加工、熱処理、塗装などの工程を自動化する。こうした合理化全体で、今期計画と同規模の計40億円近くを投じる方針だ。

今期はすでに、建機内部に使う部品であるコンポーネント系の組み立てにロボットを導入する実験中だ。従来は4つの建屋に分けて作業していたが、将来は自動化により2拠点で作業を完結できるようになるという。

岡本望工場長は「協力企業が人手不足で困っている」と語り、自動化のノウハウを協力企業の生産性向上にも生かす狙いだ。

コマツが自社で開発した工作機械の加工速度や動作状況などを見える化するソフトを協力企業でも使えるようにした。今期からは機械の動作状況などを分析する専門のチームを作り、生産性向上を支援する。

岡本工場長は「自動化だけでなく、中国にはない自社開発の強みを持つコンポーネントの品質も高めていかなければならない」と競争力の向上に力を入れる。今期の粟津工場の生産台数は北米向けの在庫調整などで、過去最高だった前期実績を下回る見通し。今月には土壌を踏み固める建機で操作性や燃費を高めた新機種を発売し、挽回を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン