2019年のバイクオブザイヤー、ホンダ「スーパーカブ」

2019/12/19 18:45
保存
共有
印刷
その他

日本二輪車文化協会は19日、今年の「日本バイクオブザイヤー」にホンダの原付き2種バイク「スーパーカブ C125」を選んだ。1958年発売の初代「C100」のイメージを踏襲しながらも、ヘッドライトに発光ダイオード(LED)を採用するなど先進性を持たせている。

「日本バイクオブザイヤー2019」に選ばれたホンダの「スーパーカブ C125」

上質感のある色づかいで、業務用途にとどまらず、一般消費者からも支持を得たことなどが評価された。

日本バイクオブザイヤーは年間で最も優れたバイクを選出する。一般ユーザーのインターネット投票からノミネートするモデルを選び、その中からファッションデザイナーや作曲家、大学教授など14人の選考委員が審査した。2018年から開催されており、今年が2回目。

ホンダモーターサイクルジャパンの赤坂正人氏は「スーパーカブは生産台数が累計1億台を超えているモデル。今後も魅力を追及していきたい」と話した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]