尾道に初の海外クルーズ船、2020年7月

インバウンド
2019/12/19 18:43
保存
共有
印刷
その他

広島県尾道市は19日、2020年に初めて外国クルーズ船が寄港すると発表した。乗船客は米国の富裕サイクリスト約100人で、同市と愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ海道」のサイクリングを楽しむ。平谷祐宏市長は「島々を巡るサイクリングと瀬戸内クルーズを同時に楽しめる尾道ということを強く海外に訴えていく」と話した。

尾道港には来年7月2日、4200総トンの「カレドニアンスカイ」が入港する。カナダの自転車関連会…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]