/

この記事は会員限定です

聖夜彩る四万十シュトーレン、四季の恵みたっぷりと

[有料会員限定]

クリスマスに向けて食べるドイツの伝統菓子、シュトーレン。高知県四万十町の小さな洋菓子店のもとに、全国から注文が相次ぐ。四万十の四季の恵みをもっと知ってほしいと、菓子職人が材料に地元特産のショウガやユズを使い、今までにない味わいを楽しめる。

「1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン」。菓子職人の前成照さんと小清水緑さんが同町で営む「カゴノオト」が今年のクリスマスシーズンから本格販売を始めた。11月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン