/

日立などに機械振興賞

機械振興協会(釜和明会長)は機械工業分野で顕著な技術成果を表彰する「機械振興賞」の2019年度の受賞者を決めた。最優秀の経済産業大臣賞は日立製作所と日立パワーソリューションズ(茨城県日立市)の「最先端電子部品向け高感度超音波検査装置」に授与する。表彰式は20年2月19日に東京都港区の東京プリンスホテルで開く。

中小企業庁長官賞はコーワテック(東京・港)の「油圧ショベルの汎用無線遠隔操縦ロボットの商品化」。会長賞は日産自動車の「世界初量産可変圧縮比エンジンの開発」など8件、審査委員長特別表彰はノイシュタットジャパン(千葉県市川市)と鶴見大学歯学部の「歯科治療用高速ピストンエンドコントラ」など2件だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン