/

発電設備で円借款1800億円供与 日ウズベキスタン首脳会談

安倍晋三首相は19日、ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領と首相官邸で会談した。総額1800億円超の円借款を供与すると合意した。同国の電力供給を強化するため、ウズベク南部のナボイ火力発電所内に発電効率の高いガスタービンを設置する。綿花生産に頼っている同国の農業を多角化するため、園芸作物を生産・加工する農家に金融支援をする。

両首脳は戦略的パートナーシップのさらなる深化と拡大に関する共同声明を出した。二重課税をなくすため、租税条約と税関相互支援協定に署名した。国連安全保障理事会の改革が必要だと一致した。ミルジヨエフ氏は日本の安保理常任理事国入りを改めて支持した。

同氏は2016年に大統領に就任して以来、初めて来日した。18日には多くのウズベキスタン人が住む名古屋市を訪れ、同国の首都タシケントとのパートナー都市協定を結んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン