/

この記事は会員限定です

安川電機、ロボをAI制御 仮想空間で動作予知

[有料会員限定]

安川電機と子会社エイアイキューブ(AI3、東京・中央)は産業用ロボットを人工知能(AI)で効率よく動かすアプリケーションを4種類開発した。生産現場と同じ仮想のデジタル空間を作り、作業が遅れているロボや異変で一時停止したロボを現実より先にどう動かすか試算。すぐに現場のロボに指示して、スムーズな作業の続行を可能にする。

アプリは都内で21日まで開催している「国際ロボット展」で披露した。(1)組み立て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン