スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

小池、欧州転戦でタフに 日本人3人目の9秒台

Tokyo2020
2019/12/19 18:00
保存
共有
印刷
その他

陸上の花形といえる男子100メートルで日本の底上げが進んでいる。粒ぞろいの短距離陣を代表する一人に成長したのが、7月に日本人3人目の9秒台、歴代2位タイの9秒98を記録した小池祐貴(住友電工)だ。9秒台スプリンターの一角を成す24歳は、例年より1カ月遅い世界選手権(9~10月、ドーハ)まで戦い抜いたシーズンを振り返り、「せわしない1年だった」と語る。

「経験の年」と位置づけた今季は積極的に海外の…

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
東京五輪に向けた長期合宿に入ったバレーボール女子日本代表(14日、東京都北区)

 東京五輪で2大会ぶりのメダル獲得を目指すバレーボール女子日本代表が早くも長期合宿に入っている。2017年4月に就任した中田久美監督が一貫して志向してきたのは「速いバレー」。ここまでの国際大会では満足 …続き (2/25)

女子78キロ級決勝、ブラジル選手を破り優勝した浜田=共同共同

 開始10秒ほどで両者が畳に潰れた決勝戦。延々1分半が過ぎたころ、浜田がアギアルを横四方でがっちり固め上げる。世界ランキング2位の実力者も観念して抵抗をやめた。寝技に始まり寝技で終わる柔術を見るような …続き (2/24)

男子73キロ級で優勝し、引き揚げる大野将平。奥は金丸雄介コーチ(デュッセルドルフ)=共同共同

 「雨とは言わないけど曇り。どんよりして」。2018年世界王者の安昌林との頂上対決を制しても大野は表情を崩さず淡々と畳を降りた。「代表権を得るためにドイツに来ていない。もっと高い境地で自分を追い込んで …続き (2/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]