「共同親権」是非は? 離婚後の親子関係、法務省が議論
政界Zoom

2019/12/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

法務省は11月中旬、離婚した親と子の関係について検討する研究会を設置した。未成年の子を育てる親の権利や義務である「親権」がテーマだ。いまの民法は父と母が離婚すると、どちらか一方の親が子の親権を持つ「単独親権」を規定している。米欧諸国のように離婚後も父母の両方が子の親権を持つ「共同親権」が必要かどうかを議論する。

共同親権を扱うのは、国内外から現行制度の見直しを求める声が出ているからだ。

「子供は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]