少子化対策 切れ目ない支援で 福島富士子氏
東邦大学看護学部長

2019/12/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の国民の多くが、少子高齢化の現状に不安を抱き、改善を求めていると思う。子どもを産み、育てるためには、当事者である母子の悩みや課題を取り除く環境づくりが大切になる。

妊娠期から子どもの就学までの子育てを、切れ目なく支援するワンストップ拠点が「子育て世代包括支援センター」だ。行政の担当部署や施設が異なると、連携や支援が途切れがちになるという課題を踏まえた拠点といえる。国は2016年に母子保健法を…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]