/

この記事は会員限定です

[FT]EUは英への強気改めよ

[有料会員限定]
Financial Times

今月12日の英下院総選挙はジョンソン首相率いる与党保守党が大勝した。欧州連合(EU)は、この勝利と英国のEU離脱について、間接的ではあるが重大な責任を負っている。

EU指導部の一部が、英国の反離脱派と結託しようとしたのは歴史的判断ミスだった。彼らはもっと早く反離脱派と手を切り、ジョンソン氏の前任者であるメイ首相が英議会でEUとの離脱協定案の承認を得られるようもっと支援すべきだった。

EU指導部は英...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウォルフガング・ムンヒャウ

Wolfgang Münchau 1961年生まれ。英紙タイムズでワシントン特派員やブリュッセル特派員を経てFTへ。99年からFTドイツ語版の立ち上げに参画、2001~03年ドイツ語版編集長。その後は欧州の政治・経済のコメンテーターとしてユーロ危機やEU(欧州連合)統合問題、英EU離脱問題について執筆を重ねている。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン