京王府中駅前、核店舗空白懸念も 三越伊勢丹提訴巡り
潜望展望

2019/12/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月で閉店した旧伊勢丹府中店がテナントとして入居していた再開発ビルの運営会社、フォルマ(東京都府中市)が、三越伊勢丹(東京・新宿)を相手取り、賃借料の支払いを求める民事訴訟を起こした。同店舗は京王線府中駅南口にあり、同市の中心市街地の核店舗だった。市や商業関係者は核店舗の空白状態が長期化し、集客力が低下することを警戒する。

【関連記事】
・東京・府中市出資の会社、三越伊勢丹を賃料めぐり提訴

府中駅南…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]