/

博報堂DY ブロックチェーン活用で番組のファン育成

博報堂DYメディアパートナーズはブロックチェーン技術を活用したテレビ番組のファン育成のサービスを開始する。ブロックチェーンの開発・運用を手がけるSingulaNet(シンギュラネット、東京・港)と共同でシステムを開発した。タレントの画像やライブ映像を数量限定でファンに販売することなどを想定。視聴者参加型のサービスに仕上げる。 名称は「LiveTV-Show(ライブ・ティービー・ショー)」。ネット上の複数のコンピューターで取引の記録を共有し取引記録の改ざんを防ぐブロックチェーン技術を活用。コンテンツの購入など取引の安全性を高めた。

視聴者はサービスのプラットフォーム上で出演タレントの画像やライブ映像を購入できるほか、出演タレントへの応援として「ギフティング」と呼ばれるウェブ上の「投げ銭」を送信できる。ブロックチェーン技術で視聴者の購入履歴やギフティングの取引履歴を管理し、購入したコンテンツの複製や取引記録の改ざんを防ぐ。

博報堂がプラットフォームの構想を企画し、博報堂DYメディアパートナーズがテレビ局などのメディア向けに企画を調整。シンギュラネットがブロックチェーンの技術を提供した。

博報堂など3社はNST新潟総合テレビが企画するウェブ限定配信番組に同プラットフォームを12月末から導入する。動画を視聴しながら、動画に出演するアイドルの画像や楽曲を購入できるようにする。

博報堂は今後、ブロックチェーン技術を活用したウェブ動画向けプラットフォームのテレビ局への導入を進めるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン