75歳以上医療費、一定の所得で2割負担 政府中間報告

2019/12/19 16:55 (2019/12/19 17:31更新)
保存
共有
印刷
その他

政府は19日、社会保障制度改革の中間報告をまとめた。75歳以上の医療費窓口負担を見直し、一定以上の所得がある人は今の原則1割を2割に上げる方針を明記した。2022年度までの一律適用を目指す。70歳まで働く社会に向けた施策も盛り込み、年齢ではなく所得に応じて社会保障の費用を負担する仕組みに移る。ただ窓口負担の拡大は一部で、介護の改革なども乏しい。少子高齢化の処方箋としては不十分だ。

同日開いた全世…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]