IBMと東大、量子コンピューターで連携 日本に設置へ

2019/12/19 11:47
保存
共有
印刷
その他

米IBMと東京大学は19日、次世代の超高速計算機「量子コンピューター」の研究開発で協力すると発表した。新薬や素材の探索から物流、金融サービスなどの幅広い分野で革新をもたらすとみられ、世界で開発競争が激しい。IBMは開発中の機種を日本に設置し、ハードとソフトの両面から実用的な機能を高めていく考えだ。

IBMは2016年から量子コンピューターをクラウド経由で開放し、世界で利用者は20万人にのぼる。提…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]