/

この記事は会員限定です

「打倒アマゾン」目指しません、北の書店の生きる道

[有料会員限定]

インターネット通販全盛の近年、逆風にさらされている書店が生まれ変わろうとしている。北海道でも書店数は約20年前から半減しており、本を陳列するだけでは先がないのが明らか。フィットネスジムや飲食店など異業種の店舗を併設したり、市民が憩う地域の交流スペースを設けたり、単なる物販に終わらないコト消費の発掘を狙う。

「来店動機を増やしたい」――。書店を核とした大型複合店舗「コーチャンフォー」を運営するリラィ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン