/

北陸初「変なホテル」 金沢・香林坊、24日に開業

ロビーは加賀友禅の技術で染めた布をあしらった

エイチ・アイ・エス(HIS)子会社で「変なホテル」を運営するHISホテルホールディングスは24日、北陸では初となる「変なホテル金沢 香林坊」を開業する。「和」をコンセプトに装飾には加賀友禅や九谷焼などの伝統文化を取り入れた。兼六園や金沢21世紀美術館などの観光地やオフィス街に近く、観光客とビジネス客の双方を取り込む。

フロントは従業員の代わりに恐竜を模したロボットを設置し、宿泊者のチェックインを担う。12階建てで、客室数131部屋のうち約8割がツインルーム(20平方メートル前後)。料金は1室あたり1万1000円から。

ホテルロビーは加賀友禅の技術で染め上げた布で装飾し、足元にはプロジェクションマッピング映像が展開する。レストランは九谷焼を使うほか、客室には床を一段高くした小上がりの上にベッドを配した「ジャパネスク」タイプも用意した。

「変なホテル」は東京や大阪などで展開しており、同ホテルが全国16軒目となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン