医療ビッグデータ始動 生活習慣病・がん治療に弾み
京大系、初の運用機関に

2019/12/19 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が医療のビッグデータ制度を始動させる。19日に運用機関の第1号として京大系の一般社団法人を選ぶ。カルテ(診療録)や検査結果を含む情報を数百万人規模で収集。匿名データに加工して企業や研究機関などが有料で使えるようにする。生活習慣病やがんなどの治療で、患者それぞれに最適な医療サービスの提供につなげる。

政府がすでに集めているレセプト(診療報酬明細書)データは医師の処方や病名などの情報にとどまる。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]