日銀、大規模金融緩和策を維持へ 決定会合

2019/12/19 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は19日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和政策の現状維持を決める見通しだ。日銀が13日に発表した全国企業短期経済観測調査(短観)では内需の底堅さが示された。米中貿易交渉や英国の欧州連合(EU)離脱問題など海外情勢も好転の兆しが見える。短期政策金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する金融緩和策を据え置く。

日銀は10月の前回会合で、物価安定の目標に向けたモメンタム(勢い)が損…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]