/

この記事は会員限定です

ハマる文芸書 読み巧者が選んだオススメ本

2019年 書評まとめ読み

[有料会員限定]

年末年始に読みたい文芸書は何か。文芸評論家の清水良典氏ら読み巧者が選んだ文芸書の中から、2019年に本紙読書面で大きく取り上げた10冊の書評を紹介します。

■「夏物語」川上未映子著 新しい時代の生殖倫理映す

■「むらさきのスカートの女」今村夏子著 軽んじられる側へいざなう

■「オーガ(ニ)ズム」阿部和重著 虚実交錯 もう一つの現代史

■「生のみ生のままで(上・下)」綿矢りさ著 内なる恋愛観の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン