茂木流の対ロ外交、経済重視 領土交渉進展へ信頼醸成

2019/12/19 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=加藤晶也】茂木敏充外相は18日、自ら共同議長を務める貿易経済に関する日ロ政府間委員会に出席した。ロシアのオレシキン経済発展相と医療や極東の開発など8項目の経済協力を進めると確認した。茂木氏は第2次安倍政権以降、経済閣僚を務めてきた。経済分野に重点を置く外交で、北方領土交渉の進展につなげたい考えだ。

茂木氏は委員会で「これまでの経済関係閣僚としての経験を生かし、貿易・経済関係全体を底上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]