iPS再生医療、問われる真価 目や軟骨で計画相次ぐ

2019/12/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

iPS細胞を使う再生医療の実現を目指し、目や軟骨の治療を想定した計画が相次いで臨床応用の段階に進もうとしている。既存の治療法や他の新技術と比べて、優れた効果を示せるのかが注目を集める。高コストになりやすいiPS細胞を使う利点が問われている。

iPS細胞は皮膚や血液、心臓など様々な細胞を作り出せて、ほぼ無限に増殖する性質がある。この特長を生かし、病気や事故などで失われた臓器の機能を取り戻す再生医療…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]