外交資料が映す近現代史(写真でみる永田町)

写真でみる永田町
コラム(政治)
2019/12/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京タワーと六本木の間に位置する飯倉(港区麻布台)には、外交文書を保存している外務省外交史料館があります。1945年9月2日に東京湾に浮かぶ米戦艦「ミズーリ号」で調印された「降伏文書」など歴史的資料の見学会が開かれたので、参加してきました。

降伏文書には当時の重光葵外相、梅津美治郎参謀総長、GHQ(連合国軍総司令部)のマッカーサー元帥、中国やソ連など各国代表の署名が確認できます。空欄や訂正がある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]