/

この記事は会員限定です

外交資料が映す近現代史(写真でみる永田町)

[有料会員限定]

東京タワーと六本木の間に位置する飯倉(港区麻布台)には、外交文書を保存している外務省外交史料館があります。1945年9月2日に東京湾に浮かぶ米戦艦「ミズーリ号」で調印された「降伏文書」など歴史的資料の見学会が開かれたので、参加してきました。

降伏文書には当時の重光葵外相、梅津美治郎参謀総長、GHQ(連合国軍総司令部)のマッカーサー元帥、中国やソ連など各国代表の署名が確認できます。空欄や訂正があるの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン