/

「定年前に転職したい」 若手社員の27% 厚労省調査

厚生労働省は18日、15~34歳の若手の労働者に関する実態調査を発表した。「定年前に転職したい」と考える正社員の割合は5年前の前回調査時から1.9ポイント増え、27.6%だった。賃金や労働時間などの待遇面でより良い条件を求め、転職を考える若手が増えた。労働者全体に占める若手の割合は、働く高齢者が増えたことなどから1.3ポイント減の27.3%だった。

5人以上の社員を雇用する約1万7000事業所とそこで働く若手約3万人に、2018年10月1日時点の雇用状況を尋ねた。事業所の55.3%、若手労働者の66.4%から有効な回答を得た。調査は1985年から実施。今回と比較可能な調査対象で転職希望について聞いているのは13年の前回調査からだ。

転職しようと思う理由は「賃金の条件がよい会社にかかわりたい」が56.4%と最も高く、「労働時間・休日・休暇の条件がよい会社にかかわりたい」が46.1%で続いた。男女別では転職を考える女性が31.3%と、男性の24.7%を6.6ポイント上回った。

若手の正社員は労働者全体の17.2%、パートなど正社員以外の若手は10.2%を占めた。大企業ほど若手正社員の比率が高かった。17年10月~18年9月に正社員として若手を採用した事業所は34.2%。産業別では金融業・保険業(52.6%)や情報通信業(52.2%)で割合が高かった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン