/

NTTドコモ、大型アンテナで基地局被災に備え 静岡県で

NTTドコモ東海支社は2020年3月までに、大型アンテナを活用して通信基地局の被災に備える取り組みを静岡県の伊豆半島西部で始める。静岡市内のアンテナから電波を発し、伊豆西部の基地局が被災で停止しても通話やデータ通信をできるようにする。全国で進める災害対応の一環。

静岡市と伊豆西部は約25キロメートルの距離があり、強い電波を発する「超高利得アンテナ」を活用する。伊豆西部は地震などによる津波被害が想定される一方、東京電力グループの変電所が集中する。被害の拡大を避けるためにも「通信環境を維持する仕組みは不可欠」(坂口学志・災害対策室長)という。

東海支社では19年3月期に愛知県の知多半島南部の大型アンテナから日間賀島と篠島に電波を送る仕組みを採り入れた。今春には落雷で島の基地局が機能停止した際、知多半島からの電波で通信環境を保ったという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン