網走ビール、冬と春の季節限定商品を発売

2019/12/18 17:15
保存
共有
印刷
その他

地ビール製造の網走ビール(北海道網走市)は冬と春の季節限定商品を発売する。冬はオホーツクの流氷をイメージした発泡酒「流氷ドラフトプレミアム〈生〉」。藻類のスピルリナから抽出した天然色素を使い、青色に仕立てた。2020年1月10日に発売し、3月中旬まで販売する見通し。330ミリリットル入り瓶で、店頭実勢価格は524円程度を想定している。

「流氷ドラフトプレミアム〈生〉」は天然色素を使い、青色に仕立てた

一方、春は桜色の発泡酒「桜エール」。20年2月5日に発売し、5月末まで販売する見通しだ。桜の花びらと香料を原材料に使い、ほんのり甘くフルーティーな味わいに仕上げた。330ミリリットル入り瓶で、店頭実勢価格は440円程度を想定する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]