長野・木曽地域でスキー場直行バス運行

2019/12/18 17:05
保存
共有
印刷
その他

長野県の木曽観光復興対策協議会(事務局・県木曽地域振興局)と木曽おんたけ観光局は共同で、木曽地域のスキー場とJR木曽福島駅とを結ぶ直行バスを2020年1月から運行する。今回から同協議会が事業に参加し、4カ所あるすべてのスキー場まで往復できるようにする。中京圏を中心に鉄道利用者の需要を開拓する。

運行するバスは「まっしぐライナー」で、3コース。木曽福島スキー場(木曽町)と開田高原マイアスキー場(木曽町)を結ぶ便、Ontake2240スキー場(王滝村)を結ぶ便に加え、新たにやぶはら高原スキー場(木祖村)を結ぶ便を設定した。期間は1月11日から3月22日まで。料金は大人が500~1500円。予約は同観光局まで。

木曽地域では御嶽山の噴火災害の影響もあって観光客数が減少した状況が続いており、同協議会で観光振興事業を実施している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]