東京・秋葉原、Vチューバー接客の実験店

関東
2019/12/18 18:14
保存
共有
印刷
その他

東京・秋葉原の観光事業者でつくるAKIBA観光協議会(東京・千代田)は21日、「バーチャルユーチューバー(Vチューバー)」が登場する飲食店の実験店舗を開く。キャラクターを操る人が背後で訪れた客と会話を交わすほか、人の動きをリアルタイムでコンピューターグラフィックス(CG)に変換して動くのが特徴だ。

ネットで人気のバーチャルキャラクターと会話を楽しめる

25日までの期間限定で「バーチャルスナックinAKIHABARA」を開く。店内に透明なスクリーンを2台設置し、スクリーン上にIT関連のバルス(東京・千代田)の運営するバーチャルユーチューバーが1人ずつ登場する。それぞれが動画配信サイトでファンを持つという。

1回1時間半の接客に20人程度が来店でき、雑談や歌などを楽しめるようにする。20歳以上を対象に価格はアルコールとおつまみ、写真撮影込みで6500円。

反響をみて常設化を検討する。観光案内役や販売員として各店舗に導入を促すための市場データを収集する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]