フィアットとプジョー、経営統合で正式合意

2019/12/18 16:33
保存
共有
印刷
その他

世界販売台数は約870万台となり、世界4位の自動車メーカーが生まれる=AP

世界販売台数は約870万台となり、世界4位の自動車メーカーが生まれる=AP

【フランクフルト=深尾幸生】欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と「プジョー」を傘下に持つ仏グループPSAは18日、経営統合することで正式に合意した。拘束力のある覚書を結んだ。当局の承認が得られれば、2021年に出資比率が50対50の統合新会社を設立する。世界販売台数は約870万台となり、世界4位の自動車メーカーが生まれる。

統合会社の社名は未定。統合完了までに12~15カ月を見込んでいる。本社はオランダに置き、会長にFCAのジョン・エルカン会長、最高経営責任者(CEO)にPSAのカルロス・タバレスCEOがそれぞれ就く。

両社は10月に統合することで基本合意し、複数の作業グループを作り、詳細を詰めていた。FCAが5月に仏ルノーに経営統合を提案した際はルノーの大株主である仏政府が同意せず、白紙に戻った。だが今回は仏政府も統合に反対しなかった。

FCAは「フィアット」や「ジープ」「アルファロメオ」などのブランドを抱え、PSAは「プジョー」や「シトロエン」「オペル」などを持つ。

18年の世界販売台数は、それぞれ8位と9位だったが、合計で4位に浮上する。販売台数の3分の2を2つの車台に集約することを表明。合理化に加え、規模を拡大して電動化や自動運転といった次世代技術開発に向け、IT(情報技術)企業などとの協業をしやすくするほか、投資の効率化を目指す。

声明でPSAのタバレスCEOは「クリーンで安全、持続可能なモビリティーを追求するなかで、この統合は大きな機会だ」と述べ、FCAのマイケル・マンリーCEOは「両社はともに厳しい時期を乗り越え、素早く賢い企業となりライバルとして競ってきた」と自信を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]