非破壊検査で海外開拓、北海道の日東建設

2019/12/18 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日東建設はオホーツク海に面する人口約4500人の小さな町、雄武町に本社を構える社員約60人の中小企業。非破壊検査の「NITTO」ブランドは米国やアジア、アフリカなど海外市場で実績を重ねる実力派でもある。独自開発したハンマー型のコンクリート検査機器は売上高の2割を海外向けが占める。

2005年に同社が開発したコンクリート検査機器はハンマー型で、仕込まれた加速度センサーがハンマーの跳ね返りを測ること…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]