/

この記事は会員限定です

中村三郎氏 大勝負の敗北を糧に

[有料会員限定]

中村三郎が大勝負に出るのは日露戦争景気の頃で東京深川の名門中村家に養子に入った直後のことである。時あたかも同年で親戚筋に当たる鈴木久五郎が大相場を当て満天下を沸かせていたころのこと、中村も血が騒いだに違いない。

「日露戦役の前後の経済界の波乱に乗じ、乾坤一擲の快挙に自ら数十万金を獲得し、諸事業を企て新会社を起こし新進の意気沖天の慨ありしも、たまたま時運の非なるものあり。惨たんたる経営むなしく苦闘奮戦の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン