いすゞ、UDトラックスを買収 ボルボと新技術で協力

2019/12/18 14:20 (2019/12/18 23:28更新)
保存
共有
印刷
その他

いすゞ自動車は18日、2020年末をメドにスウェーデンのボルボ傘下のUDトラックスを買収すると発表した。いすゞはUD社の事業価値を2500億円と見積もっており、この金額を基に買収額を詰める。いすゞとボルボは戦略的提携を締結し、自動運転や電動化などの技術開発や、お互いが得意とする商品や販売エリアなどで相互に支援するなど、包括的な協力関係を構築する。

UD社は旧日産ディーゼル工業がボルボの完全子会社になった後、10年に社名を変更して発足した。今回の買収で日本のトラックメーカーはいすゞとUD社、トヨタ自動車傘下の日野自動車、独ダイムラー傘下の三菱ふそうトラック・バスの3陣営に集約される。いすゞは買収によって日本国内の中大型トラックの販売では日野自動車を抜き首位となる見通しだ。

同日都内で記者会見した片山正則社長は「急激な環境変化に対応するためには商用車メーカーとの協業が最も効率的だ」と話した。同席したボルボのマーティン・ルンドステット社長も「長期的、技術的な提携だ。どんな投資が必要になるかなど互いに共有できるところは多い」と応じた。

新技術の分野ではボルボは特定の場所で運転手が乗らずに走行する自動運転の「レベル4」の実験を欧州で実施するなど開発で先行している。ルンドステット社長は「大型投資もしている。技術的投資を続け、新技術について一緒にやっていきたい」と話す。開発費用の面でも協力することで迅速な実用化を目指す。

ボルボは特に欧州で大型トラックに強く、いすゞはアジアで中小型を得意とする。商品や販売エリアですみ分けができており、「お互いに補完し合える」(片山社長)とみている。日本は欧米に比べて大型トラックの需要が相対的に小さかったが、物流の効率化につながる大型トラックへの注目が高まっており、いすゞはボルボと組んで開発を加速したい考えだ。

いすゞはこれまで米ゼネラル・モーターズ(GM)やトヨタ自動車と資本業務提携を結んだが、現在は解消している。その後はエンジン分野で米エンジン大手のカミンズと包括契約を結んだが、自動運転など次世代技術の開発に向けて提携相手を模索していた。

両社の協力は相互出資など資本面に踏み込まない。今後の可能性について片山社長は「今後いろいろと変化していくなかで(資本関係について)否定はしないが、現時点では方向性は十分に共有できている」と述べた。

 ▼いすゞ自動車 1916年創業でトヨタ自動車や日産自動車と並んで日本で最も古い歴史を持つ自動車メーカー。日本やタイに生産拠点を持ち、アジアを中心に事業展開する。2019年3月期の連結売上高は2兆1491億円、同営業利益は1767億円。
 ▼ボルボ スウェーデンを拠点とする商用車・建設機械メーカー。ボルボのトラック部門の18年12月期の売上高は2503億クローナ(約2兆9000億円)、営業利益は195億クローナ。乗用車部門は99年に売却し、別会社のボルボ・カーとして事業を続けている。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]