ESGマネーの奔流、資本主義の再定義促す
Global Economics Trends 編集委員 小平龍四郎

SDGs
小平 龍四郎
コラム(経済・金融)
Global Economics Trends
編集委員
2019/12/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業の環境や社会問題への配慮、さらにはコーポレートガバナンスを総合した「ESG」。株式投資の手法の1つとして始まったが、今では株主利益至上主義を見直したり、資本主義のあり方を再定義したりするうえでの重要な概念になりつつある。百花繚乱(りょうらん)の議論の先行きはまだ混沌としている。マネーは市場のパラダイム・シフトを先取りして動き始めた。

■国連がESG投資の重要性を強調

1990年に米国の株価指数…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]