/

NYダウ、連日最高値 米中合意受けた買い続く

【NQNニューヨーク=横内理恵】17日の米株式相場は5日続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比31ドル27セント(0.1%)高の2万8267ドル16セントで終え、連日で過去最高値を更新した。前週に米中が貿易交渉の「第1段階」の合意に達したのを受け、貿易摩擦が世界経済の重荷になるとの懸念が和らいだ。高値警戒からの利益確定売りが相場の上値を抑え、取引終了にかけては伸び悩んだ。

米中貿易摩擦への懸念が後退し、世界景気の改善期待を手掛かりとした買いが続いた。中国での生産や販売の比率が大きいスマートフォンのアップルやスポーツ用品のナイキなどが最高値を更新した。建機のキャタピラーも買われた。米長期金利の上昇基調を受け、利ざや改善期待からゴールドマン・サックスなど金融株への買いも目立った。

11月の米住宅着工件数と鉱工業生産指数が市場予想を上回り、米景気の底堅さを示したことも相場の支えとなった。住宅関連指標の改善を手掛かりにホーム・センターのホーム・デポやウォルマートなど消費財関連も買われた。ダウ平均は90ドルあまり上げる場面があった。

米主要株価指数の最高値更新が続いていることで高値警戒感が根強く、相場の上値は重かった。取引終了間際に利益確定や持ち高調整の売りが出て、主要指数は上げ幅を縮小して終えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5日続伸し、同9.130ポイント(0.1%)高の8823.357で終えた。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も小幅ながら5日続伸し、同1.07ポイント高の3192.52となった。ともに4営業日連続で最高値を更新した。アップルに加え、アマゾン・ドット・コムやネットフリックスの上げが目立った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン