廃棄したはず、消したはず HDD処分に潜むリスク

2020/1/14 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神奈川県の行政情報が蓄積されたハードディスクドライブ(HDD)が外部に流出した。廃棄したはずのHDDがネット上で売り出され、消したはずのデータが復元されてしまう。情報流出といえばインターネットを介したサイバー攻撃に目が向かいがちだが、記録媒体の廃棄に伴うリスクが浮き彫りになった。

東京・秋葉原の電気街にあるパソコンショップをのぞくと、細かな傷がついた100ギガバイトの中古HDDが1つ500円でワ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]