/

この記事は会員限定です

三菱重工と日立、南アフリカ火力発電の損失負担巡り和解へ

[有料会員限定]

三菱重工業日立製作所は、損失負担を巡って対立している南アフリカでの火力発電所の建設事業で和解する方針を固めた。三菱重工は2017年、日立に対し約7700億円の支払いを求めて仲裁を申し立て、第三者機関で協議を進めていた。三菱重工側が事実上、減額に応じた。保有株の譲渡など、日立の負担は総額5000億円程度になるもようだ。

両社は18日までに取締役会を開き、和解案を決議する見通し。三菱重工は長崎市内にある造船所のうち主力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン