千葉県の百貨店が体験型福袋 災害復興やラグビー人気取り込む

2019/12/17 19:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年の初売りを控え、千葉県内の百貨店が福袋の準備を急いでいる。台風災害からの復興への願いを込めた商品、ラグビーワールドカップ(W杯)の盛り上がりを受けた商品など、19年の出来事にちなんだ「体験型」福袋を多く取りそろえる。

そごう千葉店(千葉市)は「がんばろう千葉」をテーマにした体験型福袋をそろえる。福袋を通じて県内各地に足を運んだり、県産品を味わったりしてもらい、復興につなげる。

台風や大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]