/

この記事は会員限定です

診療報酬、勤務医に手厚く 一部技術料を働き方改革に

[有料会員限定]

2020年度の予算編成で焦点だった診療報酬の改定率が17日、決まった。医師らの技術料は0.55%増と前回改定と同率にした。ただ、このうち0.08%を勤務医の働き方改革の財源として救急病院に限って配分する異例の対応をとり、病院向けを手厚くしたのが特徴だ。薬剤費を下げるため診療報酬全体ではマイナス改定となり、患者負担は軽減される。

17日、麻生太郎財務相と加藤勝信厚生労働相による閣僚折衝で診療報酬の改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン