海底深く二酸化炭素封じ込め、苫小牧で次世代エネ実験

2019/12/17 18:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道苫小牧沖の海底下に二酸化炭素(CO2)を封じ込める技術の実証試験が終わった。「CCS」と呼ばれるこの技術は温暖化ガス削減技術として世界的に注目を集めているが、日本に大規模プロジェクトの計画はない。国内では2021年ころまでにCCSの候補地3カ所を選定する計画で、今後普及が進むかに注目が集まっている。

CCSは火力発電所や工場で出た排ガスをアミン溶液という特殊な液体に通し、CO2だけを分離・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]