/

この記事は会員限定です

女性の働き手比率、全国最下位群に キャリア求め東へ

(データで読む愛知)

[有料会員限定]

人材の確保は日本企業に共通の課題だ。ものづくり産業の盛んな愛知は県外から男性の転入が相次ぐ半面、女性はサービス業など新たなキャリアを求めて首都圏に向かう傾向が強い。総務省の住民基本台帳によると、愛知は生産年齢人口(15~64歳)のうち女性の割合が47.9%と低く、47都道府県で茨城、栃木とともに最下位群になる。

少子高齢化により、愛知の生産年齢人口は全体でも468万人(2019年初時点)と、10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1174文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン