/

この記事は会員限定です

唐揚げにラザニア 伊藤ハムなど「植物肉」開発競争

[有料会員限定]

動物の肉を使わない「植物肉」の開発競争が日本でも本格化する。伊藤ハムは大豆由来の植物肉を開発、セブンイレブンがハンバーガーに試験採用した。不二製油グループ本社は2020年にも新工場を設け生産量を倍増させる。背中を押すのはヘルシー志向や訪日客需要だけではない。米国では味や食感が進化し、一過性のブームを超えた普及の兆しを見せる。食肉を本格的に代替する時代の到来をにらみ市場の争奪戦が幕を開ける。

セブンでバーガー試験販売、消費者に身近に

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン