/

マダニ感染症が100人 過去最多、高い致死率

国立感染症研究所は17日、マダニが媒介する致死率の高い感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の今年の感染者の報告者数が初めて100人に達したと発表した。これまでは2017年の90人が最多だった。

SFTSは、中国で09年ごろから発生が報告され、国内では12年秋に山口県で女性1人が死亡したのが最初の報告例。感染地域を広げながら患者数は増加傾向にある。

媒介するマダニは、家屋にはあまりいないが、専門家は森や草むらに入る際には肌の露出を減らすよう注意を呼び掛けている。

感染研によると、今年は西日本を中心に18都県から報告があり、山口県が11人と最も多く、徳島県が9人と続いた。

13年から19年11月末までの報告を分析すると、患者総数492人の約14%に当たる69人が死亡した。発生地域は九州や西日本中心だが、今年は東京都でも確認された。

SFTSはウイルスを原因とする病気で主にマダニにかまれて感染する。ネコなどペットから飼い主にうつることもある。

発熱や全身のだるさ、下痢や腹痛などの症状が出て、重症化すると死亡することがある。ワクチンや有効な治療薬はなく、国内で薬の臨床試験が始まっている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン