/

この記事は会員限定です

第2の柱を 名古屋銀行、100の提携先で手数料稼ぐ

中部地銀、生き残りの一手

[有料会員限定]

日本屈指のものづくり城下町、中部地方は全国有数の金融激戦区でもある。愛知県内に営業拠点を持つ銀行は、中部の地銀8行からメガバンク、信託銀行まで計35行に達する。融資合戦は全国で異例に低い「ナゴヤ金利」を生み、各行の収益を瀬戸際まで追い詰める。次の一手を模索する中部地銀の今を追う。

 名古屋駅前の大名古屋ビルヂング16階にある名古屋銀行の情報発信拠点「ハートフルプラザ」。名古屋の繁華街を一望できる立地で、一歩足...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン