東芝、データ子会社を設立

2019/12/17 17:42
保存
共有
印刷
その他

東芝は17日、データビジネスを手がける子会社「東芝データ」を設立すると発表した。あらゆるものがネットにつながるIoTを通じて収集した膨大なデータを機動的に活用できるようにする。2020年2月3日付で設立し、資本金は4億9000万円。シーメンス日本法人・専務執行役員から東芝に転身した島田太郎執行役常務が東芝データの最高経営責任者(CEO)に就任する。

東芝は15年の不正会計や米原発子会社の巨額損失問題などで経営危機に陥った。稼ぎ頭だった半導体メモリー事業を売却するなどして再建を進めている。今後の成長の柱としてインフラやエネルギー、半導体などの既存事業とデジタル技術との融合を掲げる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]