山梨の男、二審も死刑 マニラ保険金殺人

2019/12/17 17:17 (2019/12/17 17:19更新)
保存
共有
印刷
その他

フィリピンの首都マニラで知人の男性2人を保険金目的で殺害したとして、殺人などの罪に問われた山梨県笛吹市の無職、岩間俊彦被告(46)の控訴審判決で、東京高裁は17日、死刑とした一審・甲府地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。被告側は無罪を主張していたが、高裁判決も一審と同様、被告が事件の首謀者と認めた。

判決によると、被告は久保田正一受刑者(46)=同罪などで無期懲役確定=らと共謀し、現地で実行役を雇って2014年、山梨県韮崎市の整骨院経営、鳥羽信介さん(当時32)を拳銃で殺害。15年に笛吹市の会社役員、中村達也さん(同42)も拳銃で殺害した。

被告側は、岩間被告が事件の首謀者だとする久保田受刑者の捜査段階での供述や一審での証言は虚偽で、殺人には関与していないとして、無罪を主張していた。

しかし、この日の判決で青柳勤裁判長は「被告が事件を計画したという久保田受刑者の一審での証言は、裏付ける証拠もあり、信用性は揺らがない」と指摘し、被告側の主張を退けた。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]